住宅にもいる

家屋への浸入を予防するのがまずは大切

ハクビシンは元々は山間部に住み着く野生動物でしたが、環境の変化によって近年は都会での目撃が多くみられるようになりました。それによって、住宅の屋根裏などにハクビシンが住み着くことで起こる住宅被害、健康被害が問題になっています。ハクビシンの被害を防ぐためには、まずは予防策が有効です。エサとなる生ごみなどを自宅の周辺に放置しないことや、住宅内への侵入口になるような場所を塞ぐことで、家屋への浸入を防ぐことが出来ます。しかし、すでに家屋に浸入された場合は、専門業者にハクビシン駆除を依頼するという方法もあります。

もしも被害を疑ったら、専門業者への相談がおすすめ

ハクビシンの浸入を疑った場合、罠などでの捕獲を考える方も多いのではないでしょうか。しかし、この方法は注意が必要です。実はハクビシンの捕獲は、鳥獣保護法で禁止されているために捕獲の際は役所に申請する必要があります。また、罠を用いることも専門の免許が必要なため、自分で駆除を行なうことは中々難しいと言えます。そのためハクビシン駆除は、専門業者に行ってもらう方法が一般的です。この方法は、狩猟免許を持つ専門業者が現地調査を行ない、必要であればハクビシン駆除と再侵入防止の工事を行ってくれるというものです。屋根裏が糞尿などで汚れたり腐ったりしている場合の清掃、消毒、修繕も業者が行ってくれるため、自分で清掃などを行う手間もありません。ハクビシン被害を疑ったら、まずはハクビシン駆除専門業者に相談してみるのがお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加